平日 11:00~19:00
土日祝 12:00~17:00
日曜日定休
電話番号:0120-978-307

こんにちは!レンタル携帯モバレンです!

 

日本でも社会問題になりつつある”歩きスマホ”。
みなさんもつい歩きながらSNSをチェックしたり、地図を確認したりしたことがあるのではないでしょうか??

 

また、逆に歩きスマホをしている人にぶつかられたり、ぶつかりそうになったり嫌な思いをしたことがある方も少なくないかもしれません。

 

実際に歩きスマホが原因の死亡事故も起こったりし、歩きスマホは命にもかかわるほど危険ということが分かります。

 

もちろん、歩きスマホは日本だけではなく、世界でも問題となっています。
例えば、ハワイでは世界で初の「歩きスマホ禁止令」が発令され、緊急の用事以外、操作やメール送信、ゲームは禁止です。
違反すると初めての場合は35ドル(約4,000円、1年以内に3回以上の場合は最高99ドル(約12,000円)の罰金が課せられます。

 

これはスマホに限らず、デジカメやノートパソコン、タブレット端末など全てのモバイル端末が罰則対象となります。
対象は現地人だけでなく、日本人を含む旅行者全ても含まれます。

 

 

では、世界の歩きスマホ事情はどうなのでしょうか?

 

◇イタリア:2人に1人は歩きスマホの危険あり

 

イタリアでは、歩きスマホのことを英語でそのまま「スマートフォンウォーキング」「スマートフォンウォーカー」と表現しています。
おしゃべり好きなイタリア人にとって携帯電話やスマホは必須アイテム。お年寄りも、息子や娘からすすめられてスマホデビューするようです。

 

FacebookやWhatsApp、InstagramなどのSNSなどがやはり人気で、それらに夢中になるあまり約半数のイタリア人が危険にさらされているといわれています。
ミラノやローマといった都市部でよく見られ、30歳~40歳のビジネスマンに次いで、学生の歩きスマホが目立ちます。
イタリア国鉄の調べでは、歩きスマホが原因での線路を渡る際の事故が増加しているという調査結果が出ています。

 

 

◇アメリカ:地下鉄ホームでの利用が盛ん

 

ニューヨークでは歩きながらスマートフォンを使っている人が多いそうで、駅に注意喚起のポスターが貼られている場所があるほど。
アメリカの地下鉄はWiFiが整備され、無料で誰でも使える為、地下鉄のホームで電車待ちの人は大半スマホでゲームしている人ばかりだそうです。

 

しかし、歩きスマホをしながらふらふらと歩いていると、「ちょっと!ふらふら歩かないでよ。邪魔でしょ!」などと後ろから大声で怒られることもあるそうです。

 

 

◇台湾:「低頭族」が大問題!歩きスマホは増加途中?

 

日本に比べれば歩きスマホはやや少な目。
歩きスマホがないわけではありませんが、公共施設や店頭でWiFi環境が整備されている台湾では、飲食店・駅などで座って(止まって)スマホを使う人を多く見かけます。

 

むしろ台湾で大問題として捉えられているのはスマホ依存症。スマホ依存症を指す「低頭族(ディートウズゥ)」という言葉があるほど。
いつでもどこでもスマホの画面を見てうつむいているため、読んで字のとおり頭の位置が低い人のことを表しています。
確かに、台北(たいぺい)の地下鉄で周囲を見回すと、うつむいてスマホの画面を凝視している人だらけ。

 

低頭族の影響で、今後台湾ではさらに歩きスマホが増えてしまうかも……?

 

 

◇ドイツ:厳しい法律社会と犬への愛で沈静化、ドイツではNGの歩きスマホ

 

ドイツ語では、歩きスマホを「Laufen mit dem Handy(携帯を使いながら歩く)」や「eim Laufen auf’s Handy schauen(携帯で調べ物をしながら歩いている)」と言います。
この長々しいドイツ語が示す通り、「歩きスマホ」に該当する熟語はなく、それほど一般的な事ではありません。その理由は、ドイツの厳しい法律社会のため。

 

具体的に歩きスマホを規制する法律はないのですが、歩きスマホをしている人が仮に事故に遭った場合、保険がおりないどころか、例え本人が死んでいたとしても、「車を傷付けましたね?お金を払ってください」と遺族が言われる可能性が高いのです。

 

また、ドイツは犬をとても大切にする国。ポケモンGOが流行した際に、一時的に歩きスマホをする人が街にあふれたのですが、携帯ゲームに熱中する人間が犬にぶつかったり、自転車でひいたりという事件が発生したところ、ニュースで大々的に取り上げられ、社会問題に。
となると、一気に歩きスマホは沈静化しました。
かわいい家族のため、そしていずれ来る賠償責任のため。ドイツでは歩きスマホは一般的ではないようです。

 

 

国によっては、歩きスマホをしていると、そのスマホを狙ったひったくりなどの犯罪もあるようです。
コロナが収束し、海外旅行に行くようになった時にはスマホの利用にも気を付けるようにしましょう。

 

日本でも世界でも、歩きスマホをするメリットはどこにもありません。
逆に、歩きスマホをしたせいで自分が加害者になってしまったり、犯罪に巻き込まれてしまったりする危険があります。

 

 

 

「自分は大丈夫」とは思わずに、歩きスマホはやめて節度あるスマホライフを楽しみましょう(^^)/

 

 

モバレンではお得なスマホセットや大容量プラン、カケホーダイなど様々なプランをご用意してます☆
SIMのみレンタルももちろんOK!
携帯レンタルするならぜひモバレンにお問合せください(*’ω’*)

 

PAGE TOP