平日 11:00~19:00
土日祝 12:00~17:00
日曜日定休
電話番号:0120-978-307
Date: Thu, 7 October 2021  Category: コラム  Tags: , , , , , , , ,

こんにちは!レンタル携帯モバレンです!

 

パソコンやスマホなど、いまや生活に欠かせないものとなり、1人1台が当たり前となったデジタル製品。
多くのデータや個人情報が記録されていますが、所有者が亡くなってしまうと、「パスワードが解除できない」など、遺族が困るケースも少なくありません。

 

そんな「デジタル遺品」に関するトラブルは増加傾向にあります。
デジタル遺品サポートサービスをおこなっている日本PCサービス株式会社に寄せられた相談件数は、昨年9月から今年7月までに306件となり、前年同時期より30%も増加しているそう。

 

もっとも多いのが『パソコンが開けない。パスワードを解除してほしい』という相談で、全体の約7割を占めるそうです。
『生前に撮影した家族写真を見たい』という場合もあれば、『亡父がネットで決済していた定額サービスを止めたい』という切実な理由も。

 

また、パソコンをリサイクルしたり相続人が再利用するとしても、中のデータを一度確認することが推奨されています。

 

 

パスワードを解除してくれるサービスを行っているお店に持ち込めば、解除してもらって解決!となりますが、故障していたりOSによっては解除が不可なこともあります。
さらに、解除してもらう為には必要な書類を揃えたり、お金がかかったりと少し大変な部分も…。

 

そこで最善の策は、遺族が困ることのないように、あらかじめ準備しておくことです。

 

銀行口座と同じように、ノートなどにIDやパスワードなど、デジタル関連の情報も書き残しておきましょう。
デジタル遺品のトラブルを防ぐ方法は、意外にもアナログな「メモ」なのです。

 

<残しておきたい「デジタル資産メモ」リスト>

★パソコンのログインパスワード
★Microsoftアカウント・AppleID
★スマホのパスワード
★インターネット回線のID・パスワード
★SNSのアカウント、ID・パスワード
★ネット銀行、株取引サイトのID・パスワード
★動画配信、通販サイトなどのID・パスワード

 

上記をメモをして残しておけば、機種変更する際など自分にも役立ちます。
近年では、エンディングノート(葬儀や死後の物品整理の方法などを書き、遺族に伝えるためのノート)などもあるので、活用するのもいいかもしれません。

 

 

いざという時のために備えて、安心のデジタルライフを送りましょう!

 

モバレンでは人気のiPhoneからAndroidまでお得な機種セットをご用意しております(^^)/
もちろんSIMのみのレンタルもOK!
スマホのレンタルならぜひモバレンにお問合せください☆

 

 

PAGE TOP