0120-978-307

平日/ 11:00~19:00 土祝日/ 12:00~17:00

Date: Mon, 15 November 2021 Category: コラム Tags: , , , , , , ,

こんにちは☆レンタル携帯モバレンです!

 

iPhoneがユーザーが死後にデータを指定した人物に引き継げる機能「Legacy Contact」をiOS 15.2とiPadOS 15.2のBeta 2で提供開始しています。

 

Appleは2021年6月に行われたWWDC 2021の中で、新しいデジタル遺産プログラム「Digital Legacy」の始動を発表しました。
これは、iPhoneユーザーが亡くなった後に家族や友人が自分のiPhoneの情報を引き継げるようにする機能です。

 

iOS 15の公開時には死亡時のデータ継承機能「Legacy Contact」が含まれていませんでしたが、新たにMacRumorsが、iOS 15.2とiPadOS 15.2のBeta 2にLegacy Contactが追加されていることを伝えています。

 

Legacy ContactはiOSの「設定」を開いた先で、自分のプロフィール写真から「パスワード&セキュリティ」をタップし、「Legacy Contact」を選択することで設定可能。
「Add Legacy Contact」をタップすると

 

 

画面上に「あなたの死後、アカウント内のデータにアクセスできる信頼できる人を選択してください」と表示されるようになっています。

 

 

また、この信頼する人物がアクセス可能なデータには、写真・メモ・ファイル・連絡先・カレンダーイベント・ダウンロード済みアプリ・デバイスバックアップなどが含まれるとのこと。
一方でiCloudキーチェーンやライセンス付与されているメディアにはアクセスできない模様。

 

 

なお、Legacy Contactで指定された継承人がデータを引き継ぐには、自分に付与されているアクセスキーとiPhoneユーザーの死亡証明書をAppleに対して提出する必要があります。

 

以前もデジタル遺品について書いたことがありましたが、スマホやパソコンのIDやパスワードが分からないと、解除や退会の手続きをするのが大変になってしまいます。
今後、こういった機能が当たり前になっていくかもしれませんね。

 

iPhoneをお使いの方はiOS15.2にアップデートした際にはこの機能を利用してみてくださいね(^^)/

 

 

\お得にiPhoneをゲット…??/
モバレンではiPhoneからAndroidまでお得なスマホセットをご用意☆☆

SIMのみレンタル・ポケットWiFiレンタルもありますよ(*’ω’*)
5Gもご相談くださいね♪