平日 11:00~20:00
土日祝 12:00~17:00
電話番号:0120-978-307
いつでもどこでもポケットWi-Fi
Date: Wed, 30 September 2020  Category: コラム  Tags:

みなさん、こんにちは!

 

ビーバーについてはご存知すか?

あの、ダムを造ることで有名な生き物です!

 

 

今日は彼らにまつわる小話をご紹介していこうと思います。

 

 

 

 

1940年代・・

アルゼンチン政府は、ビーバーを50頭ほど、

毛皮採取目的でカナダからフエゴ島に移入したそうです。

 

 

 

フエゴ島は、

「ティエラ・デル・フエゴ」

日本語で  火の土地   と呼ばれ、

 

アルゼンチン、チリにまたがり、面積48,110km² のとても大きな島です。

 

 

50頭のビーバーたちは、

天敵のいない環境に恵まれ、どんどん増殖し、

現在では推定12万匹以上にまで増えていると言われています。

 

 

増えすぎたビーバーたちは

森林を破壊してしまい、大きく生態系を変化させています・・

 

 

 

アルゼンチンとチリの各当局はビーバーの狩猟の解禁や、

罠の設置などで駆除を行っていますが、人も予算も足らず、

森林への影響は止められないようです。

 

 

現在は、人間が天敵としてビーバーたちと戦っています。

 

 

 

この話は、

ビーバーたちから見ても悲劇ですが、他の生き物たちから見ても悲劇なのです。

人間のエゴにより、生み出された負の連鎖なのです。

 

 

 

 

 

 

一方、ポケットWiFi界でも負の連鎖が起きています。

 

 

 

 

クラウドSIMを活用した

「無制限WiFi」を各社が提供開始しました。

 

 

 

しかし、提供開始から間もなく、ほとんどの事業者は提供終了、

または無制限の終了が決まっています。

 

 

これはいったい何が起きたのでしょう??

 

 

 

 

さきほどのお話とかぶせて解説してみましょう!

 

 

 

 

 

ここは日本・・・

無制限WiFiという島に、ビーバーたちがやってきました。

 

 

ビーバーたちは、

「わーい!無制限でWiFiが使えるぞー!」

 

と、喜び、

 

口コミで一気に拡散、WiFiビーバーたちがどんどん増殖しました

 

 

 

WiFiビーバーたちは、森林は破壊しませんが、パケット容量を食い尽くします。

 

 

 

無制限WiFi事業者から見た場合、

 

森林 = パケット容量

 

であり爆発的に増えたパケット通信量に耐えられなくなったのです。

 

 

 

 

結果的に、

サービスを提供終了したり、なんらかの制約を設けるなどの動きが発生、

 

WiFiビーバーたちは、通信速度制限という天敵に襲われ、

いまなお戦い続けているのです。

 

 

 

適度な 「天敵」 はポケットWiFi界には必要なことだったのでしょう・・・

 

 

 

なんでも、

1カ月で 1TB以上(1000GB)使用した猛者ビーバーもいたそうです。

 

今回学んだ教訓は、

 

●適度な 「天敵」 は 必要

●早期の対策をしなかったことから悲劇につながった

 

ということになるでしょう。

 

 

これは万事にあてはまる事例ではないでしょうか。

 

 

みなさんも、似たような事例があったらこの記事を思い出してみてください!

ビーバーは教えてくれました!

 

 

 

モバレンでは、ポケットWiFiを扱っていますが、完全無制限ではありません!

ビーバーに学び、3日間10GBまでの制限がついています!

 

 

みなさん、自然を大切に!

 

 

 

ポケットWifi申し込みはこちらから!

 

 

 

PAGE TOP